2014/06/10

上高地スケッチ旅行

top

写真でしか見たことのない大正池や穂高連峰に会いたくて、上高地スケッチ旅行に参加した。朝ごはんも食べずに、6時に温泉山小屋ともしび を出発し、スケッチの場所に。まずは宿でお昼ご飯にと作ってもらったおにぎりをほおばる。それからスケッチだ。穂高連峰は神々しい。ダケカンバ・シラカバ・カラマツ等、広島では巡り合えない植物。梓川の川音も心地よく雪解け水はとても冷たい。マイナスイオンの宝庫だ。寒がりの私はダウンを着用しているが、手がかじかむ。9時過ぎ頃から、スケッチをしている側を旅行者が列をなしてそばを通りすぎる。宿での夕食は、タラの芽・コゴミ・フキノトウの天ぷら。根曲り竹・馬肉など信州ならではの食事。そして地ワインや地酒。とても贅沢だ。松本から「あずさ号」に乗り新宿に着いた途端、目に映つていた梓川は、大都会の人の流れに変わっていた。

<文/田中裕子・写真/原敏昭>


tomosibi


この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

瀬戸内アートマーケット
わくわくつくログ
ひろしまアートMAP

最新の情報

  • ギャラリー風来坊 No.10 会期:2017年6月28日(木)~7月4日(水) 会場:ギャラリー・ブラ...
  • 奥田康夫 物には生命が宿っている。年月に自然に犯され、堪えている 物の哀れ...
  • 出来尾裕子 生命の起源、海に魅せられた1人です。尊厳、畏怖、美しさ、暖かさ等、想...
  • 伊勢崎美季

»一覧

最近のコメント


Go Top