2014/05/15

貝原司研

貝原司研 書表現は主観の客観化である。表現の自由は当然であるが独善であってはならない。
筋道立てて誤った方向に進まない為に古典から多くの基本的なことを身に付けることが肝要である。真の伝統芸術(書)とは何かを共に考えたい。



関連トピックスへは、こちらをクリックしてください


関連トピックス

>>17年8月 第69回毎日書道展中国展

>>14年5月 第51回新生書 現代総合書展

>>12年8月 第64回 毎日書道展中国展

>>2012年5月 第49回現代総合書展

>>11年9月 第12回 十来書道会展

>>11年8月 第63回 毎日書道展中国展

>>11年5月 第48回現代総合書展

>>10年8月 第62回 毎日書道展中国展

プロフィール

‘36 府中市出生
毎日書道会参事
全日本書道連盟参与
奎星会常任理事
玄曠書道会会長
進々書道会会長


この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

瀬戸内アートマーケット
わくわくつくログ
ひろしまアートMAP

最新の情報

»一覧

最近のコメント


Go Top