1953年(昭和28年)に太平洋美術会の代表であった多々良義雄を代表に創立された光陽会
「時流に迎合せず、自由な芸術完成に挺身するものとする」
光陽会の主題である精神を受け継ぎ歩み続け、その中光陽会広島支部は3名の委員、29名の支部員で構成され近年は若い支部員が増え個性的で斬新な作品も多く、活動も毎月着衣と裸婦のクロッキー会を2回開き基礎からの積極的な取り組みが着実にレベルアップにつながり、光陽会展、広島展では、委員作品、受賞者作品、地元作家作品で、計32点。このページでは、作品を紹介する事を目的としています。
 
                              2013年5月28日  広島支部代表 市谷 實

.

戻る
2013年

2013年5月28日よりの光陽展 広島展会場風景より

ようこそ
委員 市谷 實 会員 佐藤 弘 会友 池田篤彦 一般 金高雅史
奥 八郎 佃 静聞 大原信禮 寺田美志雄
廣安芳子 中塩寛治 岡田純子 天藤明利
会員 安部洋子 中谷朋子 濱田マスコ 本行陽子
小田久美子 花岡寿一 浜本典子 早山昌代
木村順子 山本泰子 〃  道川クニ子 政岡節男
蔵本桂子 渡辺敏子 宮本祐壮 益田崇教
是永昭宏 会友 網干敏枝 吉名萬記 村上倶子
第61回

   第61回 「光陽会展 広島展」は、こちらから

光陽展 広島展

お名前をクリックして下さい。

.