「他展に見られるような一派に偏することなく、各自が自由な立場で真摯な態度で、民族性を活かした独自の芸術を創作すること」を目的とし、昭和28年(1953年)太平洋美術会代表であった多々良義雄と有志20数名により、美術団体 光陽会が設立された。
 光陽会広島支部は、2名の委員、34名の支部員で構成され、近年は若い支部員も増えつつあります。
  活動も毎月裸婦のクロッキー会を開き、積極的に基礎から取り組み、着実にレベルアップに繋がり、個性的で斬新な作品を多く生み出しております。
  第65回光陽展広島準本展は委員、受賞者、地元作家の作品32点を加え合計107点の展覧会 このページでは、地元作家作品を紹介することを目的としています。
 
                              
2017年年5月16日広島支部支部長 木村順子

戻る
2017年

   第65回記念 「光陽展 広島準本展」は、こちらから

2017年5月16日よりの光陽展 広島展会場風景より

お名前をクリックして下さい。

委員 市谷 實 会員 中谷 朋子 会友 濱田マスコ 一般 花野 均
木村 順子 花岡 寿一 本行 陽子 山田 穂積
会員 安部 洋子 浜本 典子 政岡 セツオ
池田 篤彦 道川クニ子 村上 倶子  
後藤 洋子 宮本 祐壮  吉名 萬記
是永 昭宏 渡辺 敏子  一般    小笠原るり子
佐伯 詠美 会友 岡田 純子 佐藤 朋子
佐藤  弘  金高 雅史 繁村 敬子
佃  静聞 近藤 文恵 菅江 玲子
中塩 寛治 寺田美志雄 杉山 茂
ようこそ

.

光陽展 広島準本展
第65回記念

.