2016/06/22

青木晃子

青木晃子 何故 日本画を描きたいのだろう・・・岩絵具が好きだからと、それを皿で膠と混ぜるその時間が、
じれったい気分と落ち着ける気分とが交互にやって来る、それが案外自分に合っているのだろうと思えて来ました。
そしていつの日か日本画独特の気象状態である霞とかが描ける自分になってみたいと考える今日この頃です。



関連トピックスへは、こちらをクリックしてください


関連トピックス

>>16年11月 広島県日本画協会小品展

>>16年8月 第11回広島県日本画協会小品展

>>16年  広島県日本画協会

>>16年5月 第47回広島県日本画協会展

>>15年8月 広島県日本画協会 秋季小品展

>>15年8月 第10回広島県日本画協会小品展

>>15年5月 第46回広島県日本画協会展

>>14年11月 広島県日本画協会 秋季小品展

プロフィール

 
岡山県倉敷生まれ
1969年
成安造形大学短期大学部油絵科卒業
1996年
広島県立上下高等学校美術科非常勤講師
1997年
吉舎町立吉舎中学校美術科非常勤講師
2000年
佐々木辰也氏(故人)に指導を受ける(7年間)
青木晃子心象画展(美術館あーとあい・きさ)
2009年
広島県日本画協会入会
竹永克彦氏に指導を受ける(2年間)
現在
広島県日本画協会会員
美術館あーとあい・きさ職員

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

瀬戸内アートマーケット
わくわくつくログ
ひろしまアートMAP

最新の情報

»一覧

最近のコメント


Go Top