2012/01/05

新延輝雄

新延輝雄 薄明かりから陰にかけて、たゆたうように、ゆらめくように
濃密に気配が流れる。それを色彩の響きあいに昇華させたい。


プロフィール

1922年
広島市に生まれる
1943年
東京美術学校油画科(南 薫造 教室)
1948年
日展初入選
1964年
日展特選
1980年
日展会員、日洋展常任委員
1982年
油絵50年記念展(広島福屋特設会場)
1992年
日展評議員就任
1997年
中国文化賞受賞
2012年時
日展参与・日洋会副委員長
2012年6月1日
逝去

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

瀬戸内アートマーケット
わくわくつくログ
ひろしまアートMAP

最新の情報

  • ギャラリー風来坊 No.9 会期:2017年3月9日(木)~3月15日(水) 会場:広島県立美術館県...
  • 大調和会 HP   大調和会のHPはこちら
  • 平末初子 失われつつある心のふる里を描く事で、 私自身の道を探して行きたい...
  • 青木晃子 何故 日本画を描きたいのだろう・・・岩絵具が好きだからと、それを皿で膠...

»一覧

最近のコメント


Go Top