2017/05/04

楢崎益弘

楢崎益弘

雪をライフテーマとして描き始めたのは、25年程前に道後山のロッジに泊まった時からです。吹雪のような雪が晴れてきたと思ったら、比婆連峰を背景にして眩いほどの陽光がさしてきたんです。まるで劇場の幕が開くようで、その美しさに身震いするほど感動しました。そのときから雪景色ばかりを描き続けています。



関連トピックスへは、こちらをクリックしてください


関連トピックス

>>16年3月 第28回広島日展会展

>>14年8月 第28回日洋展 広島会場

>>14年7月 楢崎益弘 洋画展

>>14年1月 第14回日洋会瀬戸内支部展

>>13年11月 第10回広島日展会総合小品展

>>13年7月 2013日洋会瀬戸内支部選抜展

>>13年6月 2013年 日洋会瀬戸内支部

>>13年1月 第13回日洋瀬戸内支部展

>>12年12月 三原捷宏と日洋会受賞作家展

>>12年11月 広島日展会小品展

>>12年8月 2012年 日洋会瀬戸内支部

>>12年7月 グループ「連」作品展

>>12年2月 第12回日洋瀬戸内支部展

>>12年1月 第24回広島日展会展

>>11年9月 第25回記念日洋展広島会場

>>11年6月 26回平和展

>>11年3月 第48回彩洋会洋画展

>>11年2月 第11回日洋会瀬戸内支部展

>>10年8月 第47回彩洋会洋画小品展

>>10年3月 第46回彩洋会洋画展(尾道会場)

>>10年3月 第46回彩洋会洋画展(福山会場)

>>10年2月 彩洋会洋画 小品展

>>09年3月 第44回彩洋会洋画展

プロフィール

1941年
広島県府中市に生まれる
1959年
広島県美展、庄原市 議会議長賞受賞、以後3回受賞
県美展無鑑査
1977年
第9回日展初入選(以後27回入選)
1979年
第1回大洋会展大洋会賞受賞
1985年
広島県美展審査員
1993年
日展会友
2001年
日洋会委員
2005年
日洋会委員賞
2006年
郷愁の冬景色「雪の里山」画集発行
「雪の里山」展 天満屋福山店
2007年
八千代の丘美術館・第6期入館
2014年
改組 新 第1回日展
現在
日洋会評議員 広島日展会会員

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

瀬戸内アートマーケット
わくわくつくログ
ひろしまアートMAP

最新の情報

  • ギャラリー風来坊 No.9 会期:2017年3月9日(木)~3月15日(水) 会場:広島県立美術館県...
  • 平末初子 失われつつある心のふる里を描く事で、 私自身の道を探して行きたい...
  • 青木晃子 何故 日本画を描きたいのだろう・・・岩絵具が好きだからと、それを皿で膠...
  • 広島県日本画協会小品展 会期:2017年5月23日(火)~5月28日(日) 会場:広島信用金庫...

»一覧

最近のコメント


Go Top