2017/07/01

ギャラリー風来坊 No.10

「ましかくサン」高田トシアキ展

会期:2017年6月28日(木)~7月4日(水)
会場:ギャラリー・ブラック

「ましかくサン」高田トシアキ展

高田トシアキ先生とは4年前の八千代の丘美術館の同期入館作家からお付き合いが始まった。今回は「噴水」、「鳥のいた場所」、「光粒子」、「気配」、「流れる」、「湾」、「散歩道」、「form&texture」のテーマに分かれ、の6×6版モノクロのフィルムを使い真四角なアスペクト比の中に先生の感性でその被写体の瞬間を切り取る。 2枚セットのもの9組18枚、6から7枚セットの51枚と計69枚で構成されており、見ていくほどに作者のメッセージが伝わってくる。 撮影年月も2005年から今年15日前のもの、撮影場所も利尻・礼文から屋久島まで、 まさに時と場所を超えた情熱が伝わってくる。初日のオープニング・ギャラリートークからの一コマを紹介する。



この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

瀬戸内アートマーケット
わくわくつくログ
ひろしまアートMAP

最新の情報

  • ギャラリー風来坊 No.10 会期:2017年6月28日(木)~7月4日(水) 会場:ギャラリー・ブラ...
  • 奥田康夫 物には生命が宿っている。年月に自然に犯され、堪えている 物の哀れ...
  • 出来尾裕子 生命の起源、海に魅せられた1人です。尊厳、畏怖、美しさ、暖かさ等、想...
  • 伊勢崎美季

»一覧

最近のコメント


Go Top