光陽会 広島支部

 私たちは一派に偏したり、時流に迎合することなく、各自がその作画に情熱を燃焼し自由な芸術完成に挺身するものである。昭和28年(1953年)太平洋美術会代表であった多々良義雄と有志20数名により、美術団体 光陽会が設立された。
 光陽会広島支部は、3名の委員、25名の支部員で構成され、近年は若い支部員も増えつつあります
活動も毎月裸婦のクロッキー会を開き、積極的に基礎から取り組み、着実にレベルアップに繋がり、個性的で斬新な作品を多く生み出しております。
第67回光陽展広島準本展は委員、受賞者、地元作家の作品28点を加え合計84点の展覧会 このページでは、地元作家作品を紹介することを目的としています。

2019年5月14日
広島支部支部長 木村順子

2019年5月14日よりの光陽展 広島展会場風景より

第67回 光陽展 広島準本展

お名前をクリックして下さい
Scroll Up