工芸 木本一之

Kimoto Kazuyuki

ドイツで学んだ職人の技と精神をいつまでも大切に・・・
現在は山里の工房で新しい鉄のかたちを探求しています。

電脳脊椎動物(2019)

地下神殿(2006)

星にふれた翼(1993)

桃源郷(2013)

鸞の楼門 (2017)

磁場の風 (2019)

水都降臨の社 (2009)

望野の砦 (2017)

空にぬける風 (2005)

呪術師の男 (2019)

女神クマリ (2019)

ドーベルマン (2019)

子守唄 (2018)

山ハ踊ル (2018)

化身α (2018)

土蜘蛛 (2018)

Profile

1989年

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業、卒業制作で優秀賞

1990年

第22回日展初入選(以後27回入選)

1991~95年

渡欧留学(ドイツ・スイス・チェコ)

1993・94年

第12、13回チェコ国際鍛鉄会議 連続特選

1993年

ハンブルク国際鍛鉄展「Feuer+Stahl」(独)入選

1994年

第1回ポーランド国際鍛鉄展 大賞

1995~96年

BABA国際鍛造展 「Fe」 入選 (英国11ヶ所巡回)

1995年

ウルム国際鍛鉄展(独)入選、招待実演

1996年

東京芸術大学特別集中講義講師

1997年

第36回日本現代工芸美術展 現代工芸賞

2000年

第4回国際鍛鉄・金属デザインコンベンション(独)招待出品

2001年

第22回日本金属造型作家展 
(’05年第23回展’08年第24回展、’11年第25回展も)

2003年

第42回日本現代工芸美術展 蓮田修吾郎賞

2004年

第10回エネルギア美術賞

2005年

広島大学医学部同窓会広仁会創立50周年記念モニュメント制作

2008年

「建築が見る夢・石山修武」展(世田谷美術館)石山修武と協同作品出品
NHK新日曜美術館(鬼才・石山修武「建築がみる夢」)出演

2012年

第51回日本現代工芸美術展 審査員 (‘17年第56回展も)

2013年

東広島市立美術館企画展 現代の造形-Life&Art-「渋みの世界」

2014年

第2回新県美展(第66回広島県美展) 招待作家

2016年

広島市立大学芸術学部非常勤講師
「金属造形 木本一之」展(安芸高田市立 八千代の丘美術館)

現 在

日展会友・現代工芸美術家協会本会員

アトリエ

広島県山県郡北広島町石井谷933
TEL・FAX:0826-72-0900

Scroll Up